So-net無料ブログ作成

アレルギーとは [じんましん]

じんましん対策室では卵、牛乳、リンゴなど食べ物、合成着色料、保存料酸化防止剤などの食品添加物、ハウスダスト、花粉などを、体内に取り込むことでじんましんが発生します。

アレルギー以外のものでは温熱、寒冷などの温度、運動による汗、細菌カビなどの感染症、虫刺され、ペット、ストレスなどから刺激を受けることで,じんましんが発生します。

発症させないための最良の方法は原因物質を避けることです。

一番つらい痒みをなくすには、薬で抑えるのも有効ですが、早く原因を認識して近寄らないようにします。

また、基本的に栄養豊富な食事で、住空間が清潔で、睡眠時間が十分で、ストレスがない健やかなライフサイクルであることも大切です。

外用薬や内服薬の効力も高まるでしょう。

症状によっては、痛みや感じ方にも違いがあり、焼けるような熱さを、感じたり、チクチクとしたりすることもあります。

じんましんは数分から数時間後に徐々に消えてなくなります。

しかし症状によって再発を繰り返すこともあります。

発症時間の短いじんましんで、すぐに治まるようなものがじんましん対策室

一方、症状が治まらないまま痒さやしっしんが続くものを,慢性じんましんと言います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

花粉症とアレルギー性じんましん [じんましん]

花粉症とアレルギー性じんましんは、食べ物、洗剤、ダニ、ホコリ、 花粉、化粧品などに含まれている物質に対する抗体反応により起こるものです。

まずはアレルギーの仕組みです。

私達の体内に、異物であるアレルゲンが入ったとき、体はそれに対抗する物質(抗体)を作って、アレルゲンを排除するシステムが体に存在します。

最近は、お茶、乳酸菌、いわゆるサプリメントなどにも花粉症の症状の緩和作用が指摘されています。

盲検試験でも効果が認められた報告もありますが、その結果はわずかですし、有用性の確認はまだまだ検討の積み重ねが必要です。

花粉症とアレルギー性じんましん現在いろいろな特徴を持った薬剤があり、それぞれの症状に合わせて医師から処方出来るようになっています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

湿疹に伴なうじんましん [じんましん]

湿疹に伴なうじんましんといいます。

細かく言えばブツブツのできることを発疹、より大きな意味で皮膚の不調を表現するときは皮膚炎といいます。

ただし、湿疹とは単に皮膚の状態を表している言葉で、病名としては皮膚炎といいます。

お薦めのぬり薬

カサつく肌のかゆみに

メンソレータム ADクリームa [50g] [医薬品]

皮膚のかゆみ、湿疹に伴なうじんましん
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

子供の湿疹とじんましん [じんましん]

子供の湿疹とじんましん、軽い炎症がかゆみや痛みを感じ赤く腫れる程度でその赤い面の皮が細かくむけす。

次第に腫れた表面が不均一になり、細菌が感染して化膿する場合もあり黄色がかった厚いかさぶたが出来ることもあります。

湿疹はじんましんと似ています。

これは、皮脂が少なすぎるために起こる症状を言います。

子供の湿疹とじんましんです。

脂漏性湿疹は大人にも発症しますが、赤ちゃんに多い症状です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

子供が発症するじんましん [じんましん]

子供が発症するじんましんも、基本的に大人のじんましんと変わりはないです。

しかし、子供や幼児の場合、お母さんに症状をうまく伝える事が難しい場合もありますので、 お母さんが、お子さんの変化に気づいてあげることが、大事です。

子供がかかるじんましんで注意が必要なのは、食べ物によるアレルギー性じんましんの場合です。

また、ゆったりした服を着たり、スカートのように裾で足が擦れるものははかないようにしましょう。

子供が発症するじんましん)冷たい物質、冷水、寒い風など寒いところにいくときは、肌の露出を減らしましょう。

また、冷たい風に直に触れないようにしましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

病巣感染によるじんましん [じんましん]

病巣感染によるじんましんとは、病気を持っている方に起こるじんましんです。

症状は皮膚の赤味、かゆみ、わずかな腫れが伴います。

病巣感染とは、バイ菌による感染症の病気で、その箇所とは関係ない離れた箇所に障害が起こることです。

次に病巣についてお話したいと思います。

病巣とは、細菌が慢性的に存在し、軽い炎症を起こしている箇所を指します。

この病巣自体は、病巣感染によるじんましん、わずかな違和感を、感じる程度です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

じんましんとにきびの違い [じんましん]

じんましんとにきびの違いは、毛穴に角質や皮脂がつまってはじめ大きくふくらみます。

白にきびは、毛穴の出口に脂が貯まって出来ます。

毛穴がふさがり出口がない角栓と皮脂によって、徐々にじんましんとにきびの違いを盛り上がらせます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ピロリ菌とじんましんの発症 [じんましん]

 ピロリ菌とじんましんの発症名前ですが、慢性的に吐き気がしたり、食欲がなかったり、胃が痛かったり、便通が悪かったりする恐ろしい菌です。

それだけではなく、ピロリ菌は胃炎、胃がん、胃潰瘍、の原因であることが明白となっています。

ピロリ菌は、狭心症や心筋梗塞などの自己免疫疾患、虚血性心疾患、神経疾患などもその一つであり、皮膚疾患もピロリ菌の影響を受けているのです。

皮膚疾患にはかゆみ、湿疹が良くありますが、 ピロリ菌とじんましんの発症場合もあります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コリン性じんましんとストレスの因果関係   [じんましん]

発汗刺激で発症するコリン性じんましんとストレスの因果関係言い、 運動、毎日の入浴、精神的ストレスによる発汗で起こるじんましんです。

コリン性じんましんは、歩いた時に体が少し暖まるだけで 背中が急に痛くくなり、首から頭に伝わります

大きさは1~2mmと小さいのが普通です。

かゆみ、あるいはコリン性じんましんとストレスの因果関係訴えることもあります。

場合によっては、腹痛、下痢、低血圧なども伴います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

寒冷じんましん [じんましん]

寒冷じんましんとは、体温よりも低い物質(冷たい水や風)に触れたことで発症するじんましんのことを言います。

寒冷じんましんの特徴は皮膚の赤味、かゆみ、わずかな腫れです。

たまに出る程度で留まることもありますし、放っておいたことで症状が悪化することもあります。

冷たいジュースやアイスクリームなどで、唇や口の中がかゆくなったりもします。

原因物質が寒冷と判明されているので、寒冷じんましんを避けることがいいでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます