So-net無料ブログ作成
-| 2009年01月 |2009年02月 ブログトップ

じんましんの薬を選ぶ時のポイント [じんましん]

じんましんの薬を選ぶ時のポイントには様々な種類があり、症状によって選ぶポイントがあります。

■じんましんの薬 カプセル剤

医薬品を顆粒や粉末、液状などにして、カプセルに入れた内服薬。

カプセルは厚さや材質などによって、薬が最も効果を上げる場所で溶けるようになっています。

■じんましんの薬 錠剤

薬を圧縮して、一定の形に作った内服薬
トローチなどもこの仲間です。

じんましんの薬を選ぶ時のポイント 顆粒剤

薬を粒状にした内服薬です。

顆粒の大きさはいろいろあります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

じんましんの薬と、錠剤 [じんましん]

じんましんの薬と、錠剤の中で、服用することが多い錠剤について、お話したいと思います。

錠剤は全てが成分というわけではなく、錠剤の有効成分は1錠中10mg程になります。

10mgとは、呼吸でも吹き飛んでしまう量になるので、体の中では何の作用も無い乳糖などの物質を混ぜて体積を大きくしています。

それが適切な大きさの錠剤になっているのです。

そしてじんましんの薬と、錠剤はいくつかの層に分かれています。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

じんましんのお薬ランキング [じんましん]

強いかゆみを伴うじんましん。
みなさんがよく使われているじんましんの、お薬ランキングです。

(必ずこの薬を使うことで、症状が改善されるわけではありません。

かゆみ、ただれなどの症状が皮膚に現れた場合は、自分で勝手な判断をするのではなく、まずは専門の医師に相談するようにしてください。

間違ったお薬の判断は、症状を悪化させてしまうこともあります。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

じんましんの予防と治療   [じんましん]

じんましんの予防と治療は、じんましんの経験から判断し予防することが出来ます。

自分のじんましんが、いつどこで、どんな原因で発症するかを知ることが予防の最良の対策になります。

そのためにも皮膚科の専門医の診察を受けることをお勧めします。

丁寧に調べてもらうことで、原因が判明すればその原因を避けることでじんましんの予防と治療を防ぐことができます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

出産後のじんましんの発症 [じんましん]

出産後のじんましんの発症の原因は様々で、原因不明の場合も多いのが現状です。

じんましんとは、体調を崩した後や、精神的ストレス、過労、睡眠不足などでも症状が現れます。

産後に発症した出産後のじんましんの発症は、この理由が考えられるのではないでしょうか。

体の免疫力、そして自浄能力が落ちたと考えられます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

じんましんとはどんな症状? [じんましん]

じんましんとはどんな症状?を考える前にその症状とは?

じんましんは皮膚の浅い層に大小様々な部分的なむくみやブツブツ赤みが現われ、強い痒みを伴う症状のことを言います。

症状によってはチクチクとしたり、焼けるような熱さを感じることもあります。

数分から数時間後に次第に消えてなくなりますが、再発を繰り返すこともありますの、じんましんとはどんな症状?を行いましょう!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

-|2009年01月 |2009年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます